こんにちは。

きょうは雨です。こんな日はグラウンドが濡れて野球部員は練習出来ないですね。

いきなり持ってきたんか。

フフフ、ぼくの少年時代は野球が好きだったのです。いまの横浜DeNAの前身である大洋ホエールズを好んでいました。静岡出身の山下大輔選手がとても好きでした。ただ頭がピカピカでした。

プロ野球ですが、今期は広島の優勝がとても印象的で、このごろ夜は、日本シリーズを観ています。
そこになんと信じられない野球選手がいたのです。
みなさんはご存知でしょうね。ぼくは名前を聞いたことはあったけど、顔など知らなかったのです。

日本ハムファイターズの大谷翔平選手(二十二)です。 

二〇一六年は投手で十勝し、二十二本のホームランを打っていたのです。
これだけ聞けば野球を知っている人は驚がくするはず。
高校野球では投手で打撃もいい選手は幾人もいます。
プロ野球の世界は投手と打線は専門的に分けられているのが普通ではないでしょうか。 

そやな、ピッチャーは投げる練習が主やろ。

そうですね、投手はバントの練習くらいと思われます。
そんな大谷選手は二刀流だったのです。まったく知らなかったー。
投手としては百六十キロ台もだしています。それは高校時代に達成していました。
これには脱帽ですね。

そんな凄い選手やったかー、まだ二十二やろ、今後のパリーグは日ハムが熱いやん。

そうなんです。もともとメジャーでプレーしたかったようです。
ぼくのようにまだ知らない人がいるかもしれませんので、彼の過去を簡素に追いました。

baseball-1477430__180


一九九四年七月、岩手県に生まれる。
子供時代はリトルリーグに入ると頭角が現れる。
花巻東高校時代、二年生のとき甲子園で大阪桐蔭に破れる。百六十キロも出たのに。
三年時代は県大会決勝で敗れる。
二〇一二年、日ハムドラフトで一位指名。
二〇一三年、開幕戦で二安打。
二〇一四年、十一勝、十本塁打で一億円プレーヤー。
二〇一五年、十五勝、投手三冠獲得で二億円プレーヤー。
二〇一六年、十勝、二十二本塁打でリーグ優勝。投げては百六十五キロ達成。

大谷選手の簡単な歴史でした。

その若さなら、メジャーに早々行くやろ。

そんな雰囲気ですね。 本日は広島への移動日です。まだ日本シリーズは続くのですが、日ハムへ王手が掛かっていて、大谷選手の活躍も気になるところです。
でもぼくは広島を応援するでしょう。

なんでや。

二十五年振りのリーグ優勝で、日本一になれば三十二年振りのようです。 何年も優勝していないために応援しています。

そんな遠ざかっているなら、わいも応援したる。

一緒ですので自然と広島応援なのに……。

うるさい。

では次回に…

 
スポンサードリンク