こんにちは。

4年ぶりにしらせが清水港へ来るようです。南極や北極の氷を砕く船ですね。どう砕くのでしょう。なにか固そうな鉄が先端についていないけど。船底かもね。またユーチューブで見てみます。本日はのりしらがお送りしました。

こちらと同時に清水海洋展も行われます。トークイベントや清水港の展示、フォトコンテストも行われます。では詳細をどうぞ。

IMG_20220825_121123~2

☆砕氷艦しらせ&清水海洋展2022


・日時
2022年 9月17日(土)、18日(日)
9:00~15:00 砕氷艦しらせ
10:00~16:00 清水海洋展


・会場
清水港日の出埠頭
清水マリンターミナル 2階
静岡市清水区日の出町10-80


・内容
清水海洋展
○トークイベント
17日(土)11:00~/14:00~(各45分)
JAMSTEC 北極環境変動総合研究センター
藤原周さん

18日(日)11:00~/14:00~(各45分)
国立極地研究所 南極観測センター教授
牛尾収輝さん
13:00~(45分)
南極ドクター越冬記 静岡厚生病院外科
宮崎英治さん

○日の出デジタルビンゴ開催!
その他の展示
飲食ブースあり


・問合せ
静岡市海洋文化都市政策課
TEL 054-354-2342


・アクセス
 JR清水駅から「しずてつジャストライン」三保山の手線「波止場・フェルケール博物館」バス停下車施設まで徒歩5分。

IMG_20220825_130317
※Pは近隣有料へ
※コロナ対策は万全に

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

車ですとドリプラ辺りに市営Pがあります。1時間200円だったかな。時間がしらせのほうが早く展示します。船内に入れるのかは書いてないので、たぶん入れない。中に入るとなると、船員さんが説明しないとならなく大変だからね。写真で船内の展示がありそうです。

しらせ は、文部科学省国立極地研究所の南極地域観測隊の輸送・研究任務のために建造された南極観測船。建造費は文部科学省の予算から支出され、艦の運用は海上自衛隊により行われている。艦番号AGB-5003。初代「しらせ」後継艦として2009年に就役した。 

だそうです。南極観測船でした。
外科の先生も観測隊員となったのですね。隊員のケガをみる。でも南極なので自身も体調管理しないとなりません。南極というと、昔あれ本に南極隊員愛用とありまして、なんだかわかると思います。あれようです。今でもそうだかね。なんとなく動画はムリそうですし、やはり愛用するのですかね。ぼくはそれを愛用したことがないけど、どんなんかな~。友人にあれ用の道具は借りたけど。
なに?
わかりました。
ということで、9月中頃に砕氷艦しらせがやってきますので、ご家族友人と向かってはどうでしょう。


(ニュースのり)
午後のひとときをいかがお過ごしでしょうか。本日は迷子のお知らせが入りましたのでお伝えします。

IMG_20220825_115835~2
静岡新聞さん

清水押切の住宅のベランダで、フクロウが見つかったようです。飼い主さんの自宅から飛び出ていってしまったのでしょう。たぶん地理がわからなかく迷子になったと思います。清水署で保護していますので、心当たりのある飼い主さんは向かってください。
こないだの緑のヘビはどうなったのでしょう。
以上ニュースのりでした。


では次回に…





スポンサードリンク